メインイメージ画像

セキュリティの高い鍵を家族はスペアキーを持つとより安全です

鍵にも、いろいろな種類があります。ご近所で空き巣に入られたという話があると気になるのが、自宅のセキュリティです。鍵を掛けずに外出すると、その出掛けた瞬間を泥棒が見ていて自宅に入っているお金などを盗もうとします。ちょっと近所に出掛けるだけだからと言っても、鍵を掛けることが大切です。

空き巣は、たとえ鍵をかけてあってもちょっとした時間があれば、ピッキングで解錠しようとトライします。しかし、時間が掛かるようなセキュリティ度の高い鍵に交換している玄関は避ける傾向があります。

その訳は時間が掛かれば掛かるほど、通報をされて警察に捕まってしまい空き巣が失敗する可能性などが高くなるからです。自宅の玄関のセキュリティが気になった場合は、ピッキングに時間が掛かる鍵に交換しておくとベターです。どれだけセキュリティ度の高いキーに交換していても、外のポストにスペアキーをセットしておいたのでは意味が無いです。

ご家族分のスペアキーがある場合は、一人一人常に持っておきポストに入れる事はしない方がよいです。もし、ご家族が持つスペアキーが必要な分が無い場合は鍵屋さんに頼むと合鍵を作成してくれます。プロの技術力があるので安全度の高い鍵でも合鍵を作る事が可能です。

一戸建て以外ではボタンを押して暗証番号で開錠するタイプの鍵が良く見られます。この鍵ならご家族一人一本スペアキーを絶えず持たなくても済みます。ドアを締めたら自動で施錠する機能がついているものもあり、出掛ける度、鍵で施錠する手間が無いです。マンションやアパートに限らず一戸建ての玄関でも取り付けする事が可能です。しかしながら暗証番号を忘れてしまうと鍵を開けられず、自宅に入れなくなってしまいます。

覚えなくても良いように暗証番号をメモしておいて、空き巣が推測しやすい1234や誕生日などは暗証の番号にしない方が良いです。更に指紋の認証で開錠できる最新の鍵も開発されています。これなら暗証番号などを覚えることも無く、指先一つタッチするだけで軽々と開錠出来ます。鍵を失くす心配をする事も必要ないです。暗証番号と指紋認証で開錠できる2ロック体制の製品もあります。